このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームを検討する

内観

マイホームを検討する際、一戸建てにするかマンションにするか迷うところですが、長い目で見ると一戸建てのほうがお得です。一戸建てを建てるには相応の金額がかかりますが、立地条件を工夫し、茅ヶ崎など都内から少し離れた場所を選べば問題ありません。

Read More

自分たちが初めて住む家

説明

大阪で新築物件を購入することで、中古物件と異なり、新品の設備の状態で暮らすことができます。また中古物件は購入後にリフォームが必要になることもあるため、リフォームの費用によっては、新築を購入したほうが安いということもあるので注意しましょう。

Read More

地域の工務店に依頼できる

外観

注文住宅では施工業者と話し合いをしておくことが、予算内で住宅を建てる上で大切です。どのような要望を優先して住宅建設をするのか、工務店のスタッフとしっかり話し合いをしておいたほうが良いでしょう。京都の工務店では、地域に密着して営業しているので、最適な情報を提供してくれます。

Read More

住宅ならサカエに行こう

間取り

ガルコン7が優れている

人気の住宅会社サカエ建設ではガルコン7と呼ばれる制震工法を使っています。これは木造住宅を作る時に活用できて、地震の発生を初期振動エネルギーを吸収してくれるのです。これによって建物が変形してしまう自体も抑えられます。ガルコン7には特殊な粘弾性体吸収力を持っているバネが搭載されているのです。地震だけでなく風による振動にも対応できる能力を持っています。これは20種類以上もの樹脂を使っていて急激な温度変化に耐えられる力を持っているのです。またパネル工法を利用して点と線で住宅を支えるものになります。骨組み部分と面の素材を一体化させていて建物すべての耐久性を高められるのです。そんなサカエ建設で住宅を作ってもらうといいでしょう。

断面欠損に注意

建物は長く使っていると断面欠損が発生します。こうなると柱のすべての組み込んでいる部分が欠損するので家の強度が大幅に下るのです。長く利用できなくなるため注意しておきましょう。また高性能な住宅を作ってもらうならサカエ建設を利用してみるといいです。ここは従来の木造軸組工法で発生する断面欠損をカバーできるS-HF構造を使っています。これは高強度と高精度を持っているもので変形やねじれを防げる力を持つのです。ボルト部分は穴のところだけ欠損するため最小限の欠損で済むのがメリットになります。また普通のものよりも2倍の強度を誇っていて、これはサカエ建設で実験で実証済みです。さらに剛性床を使っていて、水平方向の力ならどの方向でも強い耐久性を持っています。